VWゴルフ 新型ゴルフトゥーラン

VWゴルフ 新型ゴルフトゥーラン

VWゴルフ 新型ゴルフトゥーラン

新しい7シーターのゴルフトゥーランが登場しました。
2016年1月12日にゴルフトゥーランがフルモデルチェンジされ2代目になりました。
ゴルフのミニバンです。

 

ゴルフトゥーラン

 

 

価格は意外と安くて
トレンドライン 284万円
コンフォートライン 317万円
ハイライン   376万円

 

 

エンジンは1.4リットルTSI 150PS
7速DSG
燃費は18.5km/リットル

 

 

リアサスは4リンクです。

 

 

全車標準装備
プリクラッシュブレーキシステムとポストコリジョンブレーキシステム

 

ハイラインに標準装備、コンフォートラインにはオプション
アダプティブクルーズコントロール、レーンキープアシストシステム

 

ハイラインに標準装備
LEDヘッドライト

 

 

 

ボディーは大きくなりました。
全幅 1,830mm  初代(1,795mm)
全長 4,535mm  初代(4,450mm)
全高 1,640mm  初代(1,660mm)
車両重量 1,560kg

 

 

タイヤサイズ 205/60R16

 

 

サイズが大きくなり、パワーアップされ、安全装備が充実しました。
やはり中心車種はハイラインでしょう。
エンジンは共通なので、価格の違いは安全装備の違いと言っていいと思います。

 

 

トゥーランの乗り味について

 

ミニバンとはいえ輸入車の乗り味や考え方は国産車とはかなり違うものです。
同じ価格の国産ミニバンで満足な方にはトゥーランはおすすめしません。
2列目3列目のシートアレンジなどはほぼ考えられていません。

 

 

乗り味はゴルフそのものです。
シートは堅めです。
剛性感は高いです。

 

 

エンジンは強力でDSGもスムーズです。
走りはとてもしっかりして信頼性の高いものです。

 

 

内装の質感は高いものですが、国産車のような華美というか豪華さはありません。
国産高級ミニバンと同じつもりで過剰な期待をして買うと、まず間違いなくがっかりするでしょう。

 

 

逆にポロやゴルフに乗ったことがあって、その走りや乗り味を知っている方は、まず満足するでしょう。
ミニバンとはいえ、フォルクスワーゲンの乗り味です。
燃費も市街地で14km/リットル、高速走行なら軽く20km/リットルは走るでしょう。

 

 

初めての輸入車をゴルフトゥーランから始める方は、できればご家族全員で何度も試乗してください。
9カ所のエアバッグと全席につく3点式シートベルト。
丈夫な車体とかっちりとした乗り味を好きになれるかどうかです。

 

 

 

 

愛車の下取りは、無料の一括査定をご利用されると下取りより、平均で10万円以上高く売れます。中には30万円以上も高く売れることがあります。

 

 

無料の一括査定はこちらから。

 

 

>>かんたん車査定ガイド

 

 

 

 

 

 

関連ページ

VWゴルフ 6Rポロ ブルーGT
7代目のフォルクスワーゲンゴルフ7が2013年6月に販売開始されました。 輸入車の中では一番人気のゴルフ。安く買うための方法をご紹介します。
VWパサート 値引き
7代目のフォルクスワーゲンゴルフ7が2013年6月に販売開始されました。 輸入車の中では一番人気のゴルフ。安く買うための方法をご紹介します。