ゴルフ リコール 2019

ゴルフ、ポロなど2008年4月28日から2013年3月14日に輸入された17万6068台にリコールが出ています。

 

実は、私のゴルフがメカトロニクスの故障で動けなくなってしまい、ディーラーさんに運ぶタイミングでリコールが出ているのを見つけたのでした。

 

症状は、普通に運転していて交差点で赤信号のため停止。青になったので発進しようとアクセルを踏んでも動かないという状態でした。レッカーを依頼してディーラーさんまで運びました。

 

まず、リコールの内容を確認するとこうです。
届出は2019年8月21日 番号は「外-2900」です。

 

内容
「7速DSG型自動変速機のメカトロニクスにおいて、アッパーハウジングのねじ切り加工が不適切なため、耐久性が不足しているものがある。そのため、アキュムレーターの継続的な油圧変化による疲労の蓄積により、アッパーハウジングに亀裂が発生し、油圧が低下して、最悪の場合、駆動力が伝達されず走行できなくなるおそれがある。」

 

対策
「全車両、アッパーハウジングの製造ロットを確認し、該当する場合はアッパーハウジングを対策品に交換する。」

 

アッパーハウジングの交換とは、メカトロ交換のことと思われます。私のゴルフは、リコール対応でメカトロ交換になりましたから。

 

赤で囲った部分がメカトロ部です。

 

メカトロ

 

今までDSGの不具合と言えば、クラッチのジャダーか1・3・5・7速ギヤまたは2・4・6・Rギヤが変速できなくなるのどちらかだと思っていました。

 

でも、私の車が動かなくなってネットを調べると、同様の故障の例がたくさん出ていました。

 

知らなかったです。こんな症状があるなんて。

 

以前なら、メカトロ単体の部品はなかっただろうから、DSG交換しかなかったのでしょうね。DSG交換で80万円かかったという方がかなりいました。

 

このごろはメカトロ部品の交換ができるので安くなったけれど、それでも30万円ほどするらしいですね。

 

 

ただ、私はDSGそのものが嫌いではありません。むしろDSGは良い変速機だと思っています。

 

その理由は、マニュアル車のようなダイレクト感にあります。ゴルフ7になってダイレクト感はほとんどなくなってしまいましたが、新型ポロGTIで往年のダイレクト感が戻りました。

 

あの感触はトルコンATでは味わえないし、ましてやCVTで味わうことは不可能です。調子よく動いているときのDSGは、スムーズでとてもいい感触なのです。

 

10年、10万キロが保証されればいいんですけどね。