ゴルフ7 値引き 試乗 トレンドライン

vwゴルフ7 トレンドラインの試乗記です。

 

 

多くの方は、トレンドラインとコンフォートラインの乗り心地が柔らかくなったと言います。
おそらく、トレーリングアーム+トーションバーの乗り心地の不評をなくすためのセッティングなのでしょう。

 

 

乗った感じは、違和感はありません。
何というか、ゴルフのマルチリンクでも4年もすると最初の乗り心地は次第に低下してきます。
これは、最近分かりました。

 

 

乗り心地と言うのは、主にダンパーのへたりとともに低下していくんだと実感しました。
なので、新車のトレンドラインの乗り心地は、数年経過したマルチリンクよりいいです。

 

 

おそらく、最初の車検を過ぎて1年もすれば、トーションバーの突き上げ感は出てくると思います。でも、後輪のダンパーやゴム系の消耗品を取り換えればまた元に戻ると思います。

 

 

エンジンに関しては、SOHCがDOHCになり、コンフォートラインと共通になりました。
相変わらずトルクフルで、ここというときにはパワーがいくらでも出るターボエンジンです。
加速感は、1.2リットルとは思えません。
登坂路も難なくこなします。

 

 

ハイラインには手が届かないけれど、ゴルフが好きでゴルフに乗りたい方には、文句なくおすすめします。

 

 

私は、ゴルフ4の時代にゴルフGLI(今のコンフォートライン相当)が欲しくて、CLIやL(トレンドライン相当)には目もくれませんでした。当時は9Nポロを選びました。

 

 

なぜあのときゴルフLにしなかったのか。Lなら買えたのにと。
その後のフォルクスワーゲンライフは、また違ったものになったでしょう。

 

 

ゴルフ7

このトレンドラインがあなたのものに

 

 

本当にゴルフ7が好きな方には、迷うことなくコンフォートラインやトレンドラインはオススメです。
ゴルフはゴルフです。ポロではありませんし、ましてや国産2ボックスの比ではありません。

 

 

ゴルフトレンドラインをさらに安く買うには

 

本国ではゴルフは大衆車です。
日本では輸入車のショールームは敷居が高そうですが、今はゴルフより高いミニバンはたくさんありますから全然大丈夫です。遠慮なく値引きを切り出してください。おそらく、15万円前後だと思います。

 

 

多くの方は下取りも販売店に依頼するようですが、さらに安く買いたいなら、買取りがずっとお得です。

 

 

しかも、無料一括査定は本当にお得です。

 

 

ネットで申し込むと、最大で8社から10社が査定に来てくれます。
各社はお互いがライバルですから、他より少しでも高い値段をつけようとするのです。
すると、販売店での下取りより10万円〜30万円以上も高く売れるということも珍しくありません。

 

 

無料一括査定のお申し込みはこちらからです。

 

>>かんたん車査定ガイド