ゴルフ7 値引き コンフォートライン 乗り心地

ゴルフ7 コンフォートラインは、エンジンがダウンサイジングされて、トレンドラインと同じ1.2リットル105PSターボエンジンになりました。

 

 

トレンドラインとの違いは、トレンドラインにはコーナリングライト、フォグランプ、オートライト、レインセンサー、電動格納式リモコンミラー、自動防眩ルームミラー、センターアームレスト、カップホルダー、シートアンダートレイなどが無いのです。

 

 

6までのトレンドラインにあったものが、7ではずいぶんなくなりましたね。
センターアームレストもないんですね。
ここまで違うと、コンフォートラインを選びたくなりますね。

 

 

ゴルフ7

 

 

 

乗り心地は、柔らかくなったという人がいます。
トレーリングアーム+トーションバーのリアサスは、意外なほど突き上げ感がありません。
というか、全然感じられませんでした。
ゴムブッシュがよくなったのとダンパーやスプリングの設定が柔らかめなのでしょう。

 

 

突き上げ感をうまく消す設定は、トヨタヴィッツでさえやっています。
やればできるじゃないかって感じです。

 

 

ただ、マルチリンクサスの動きともちょっと違います。
マルチリンクサスは、小さな凹凸もきれいに拾ったうえで角が丸められていますが、コンフォートラインのトレーリングアームは、小さな凸凹は感じ取れないのです。

 

 

やはり、ゴムブッシュで吸収しているかなにかで、微細な挙動は感じ取れないのでしょうね。

 

 

だからトレーリングアームが悪いという訳ではありません。
マルチリンクとは挙動が違うというだけで、コンフォートラインのトレーリングアームは悪くありません。乗り心地はいいです。走るのが楽しいです。

 

 

買うかどうかと言われれば、このトレーリングアームなら買います。
おそらくですが、経験的に3万キロぐらいでゴムやダンパーはへたりが出ると思いますから、取り替えてやればまた元に戻るでしょう。

 

 

ゴルフ コンフォートライン(285万円)の値引きは約15万円です。(2015年8月現在)

 

 

コンフォートラインをさらに安く買いたい方へ

 

コンフォートラインの値引き交渉を進めつつ、さらにトータル支払いを安くするために、愛車の無料一括査定サービスを活用し、査定アップをねらうのが得策だと思います。

 

 

一括査定は、買取査定をうまく活用したメリットの多いサービスです。

 

 

一括査定は、最大で8社から10社に一度に買取査定の依頼が行くシステムです。依頼した方は待っているだけで複数の買取店が査定に来てくれて、買取り店の方は多くのライバル会社の中から自社を選んでもらおうとして自然と査定が高くなっていきます

 

 

その結果、ディーラーさんの下取り査定より
10万円〜30万円以上も高く売れることがある理由がおわかりいただけたでしょうか?
車を買い替える方の3割はすでに買取査定を利用しています。

 

 

無料一括査定のお申し込みはこちらからどうぞ。

 

>>かんたん車査定ガイド