ゴルフGTE 値引き

gte

新登場したゴルフGTEの速報です。

 

 

一言で言うと、PHV(プラグインハイブリッド)です。

 

EV走行もできて、EV走行だけで53km走れるそうです。

 

 

プラグインハイブリッドは自宅で充電することができます。
充電時間は約3時間です。

 

 

そして、GTEモードでは常にエンジン+モーターで優れた動力性能を発揮します。

 

 

エンジンは1.4リットル150PS。
モーターは109PS。
6速DSG。

 

 

燃費は23.8km/リットル。
トータル204PSのパワーを誇るハイブリッドとしては良い数字だと思いますが、この秋に出るトヨタプリウスの40km/リットルといった数字を見ると、それほどではないようにも見えてしまいますね。

 

 

価格は499万円。
微妙ですね。
GTIの100万円高です。

 

 

動力的にはトヨタSAIと似た感じです。
燃費も似た感じです。
SAIの価格は約400万円が中心です。

 

 

ただし、SAIはプラグインハイブリッドではありません。
ニッケル水素電池28個・直列で201.6V(6セルが28モジュール)
容量はわずか6.5Ah・1.3KWhです。

 

 

GTEのバッテリーは高価なリチウムイオン電池で、352V 8.7kwh
容量にして数倍以上違いますね。
(ちなみにプリウスPHVはリチウムイオン電池を積んでいます。)

 

 

車用のリチウムイオン電池は1Kwhあたり10万円といわれます。

 

 

SAIが400万円ならGTEの499万円も納得できると思いませんか。
GTIと比べるのではなく、ほかのハイブリッドやPHVとくらべると分かりやすいですね。

 

 

大きい減税

 

CEV補助金 95,000円
エコカー減税(自動車取得税減税117,200円、自動車重量税減額36,900円)
自動車税減税25,500円
合計で合計で約274,300円が優遇されるそうです。
(フォルクスワーゲン公式サイトより)

 

499万円ー27万円=約472万円で買えることに。

 

 

値引きは

 

値引きゼロといわれるGTEですが、実際は17万円前後の値引きが期待できます。
(2016年6月現在)

 

 

さらに愛車が高く売れれば差額はさらに小さくなります。

 

下取りよりはるかに高く売れるのが一括査定です。
下取りより平均で17万円以上高く売れるという一括査定はこちらからどうぞ。

 

 

>>かんたん車査定ガイド