ゴルフ7 値引き DSG

ゴルフ7 値引き DSGについて記事一覧

ゴルフには、ゴルフ5の時代からDSGという7速自動変速機が採用されています。これは、デュアルクラッチを持つトランスミッションで、国産車ではホンダフィット・ヴェゼル、日産スカイラインなどにも採用されているものと基本構造は同じです。つまりは、中身はマニュアル車なのです。といってもクラッチペダルがあるわけではなく、クラッチ操作はコンピューター制御で自動的にしてくれるすぐれものです。シフトアップは瞬時に行...

DSGの構造はこちらを見るとよく分かります。>http://5garage.com/archives/2963ネットでは故障が多いと言われるDSGですが、DSG登場の後の販売台数約10万台に対して不具合発生件数は300台あまりだそうです。率にして0.003%。これをどう見るかですが、私としては取るに足らない数字と見ます。それじゃ無ければDSGなんて買いません。昔のゴルフ4の窓落ちはさすがに怖くて避...

ゴルフのDSGはドイツ・シェフラー社製です。アウディーのSトロニックも同じものです。構造的にコンパクトさが求められるため多板クラッチを採用しています。クラッチ板の間隔は約1mm。この狭い密閉空間で半クラッチ動作をコンピューター制御で行っています。クラッチ板のジャダーは熱が原因です。MT車以上に半クラッチの時間を短くするのがDSGにとって優しい操作になります。半クラッチを使うのは、停止から発進すると...

DSGというのは、VWが採用しているオートマチックトランスミッションのことで、ダイレクトシフトギヤボックスのことです。他社では、一般的にDCT(デュアルクラッチトランスミッション)と呼ばれています。DSGが登場して数年間ほどは、特有のクセがありました。いきなりアクセルベタ踏みで発進すると、クラッチがガツンと繋がってひどいショックが来たものです。でも2013年ごろからは、これがなくなり、どんなアクセ...

DSGは一般的にはDCT(デュアルクラッチ・トランスミッション)と呼ばれています。小型の多板式クラッチを使用する関係で、以前は大トルクには向かないと言われていました。ところが、実際にはVW車では、ゴルフR(2リットル 310PSエンジン)にもDSGが使われていますし、最上級車アルテオン(2リットル 280PSエンジン)にも使われています。さらに他のメーカーでは、アウディーA7(3リットルV6ターボ...